英国住宅が出来るまで
〜新築リポート
Part17
 第3回「仕様」
さて、M邸の主な内外装仕様材をご紹介致します。
エドワーディアンスタイルを再現するために厳選した素敵なアイテムたちで
コーディネートされています。

外壁には、イングリッシュブリックを使用します。
ポイントに装飾ブリックもはめ込みます。
軒下を始め、窓周りや帯など、装飾モールディングを多用して華やさを演出します。
玄関ポーチには、エドワーディアンスタイルを象徴するアイテムの一つである、
Fretwork(フレットワーク)と呼ばれるバラスター(小柱)入りの装飾欄間(ランマ)を
取り付けます。
ポーチ床は模様の楽しいヴィクトリアンフロアタイル敷き、
玄関ドアには、エドワーディアンスタイルのステンドグラス入りのドアを、イギリスへ
特注します。

そして内部には、Mのこだわりが沢山詰まっています♪
玄関ホールに設けた二つの開口部には、外部でも使用するフレットワークを使用し、ここでもエドワーディアンスタイルらしさを演出しています。
リビング・ダイニングは、台形に張り出したプランになっており、大きな窓を備え、
広がりと開放感のある魅力的なお部屋です。
床には、イングリッシュオークのフローリングを敷き、
モールディングも装飾性の高いイギリス製の部材を使用して、格調を高めます。
窓の内側には、M様のリクエストだったイギリスらしいアイテムの一つ、折りたたみ式パネルシャッター(プランテーションシャッター)を取り付け、下には収納付きベンチも設けました。
お部屋中央には英国製の木製マントルピースを設置し、さらに、フェンダーシートと呼ばれる革張りのベンチの付いたフェンダー(柵)を加えて存在感を出します。

キッチンは、M
の憧れだった、あるイギリスの雑誌の写真からスタートしました。
装飾性の高いデザインと、優しいクリームイエロー色の組み合わせがなんとも上品なキッチンキャビネット、そしてお部屋の中央には、お食事も出来るアイランドカウンター。
このアイランドカウンターは、アール(曲線)を施したオーク製のカウンターです。
壁のタイルは、イギリスの伝統的な絵の描かれたハンドメイドのタイルで、なんと写真と同じものを取り寄せます。

バスルームは、イギリスの洋書に登場しそうなスリーインワンスタイル(バス、トイレ、洗面が一つのお部屋に設置されたスタイル)のお部屋です。
さらにシャワーブースを設け、お使い勝手の良さを加えました。
バスタブはイギリス製のロールトップバス、洗面台はMがご購入されたアンティーク家具に洗面ボウルをはめ込む、オリジナルのウォッシュスタンドを取り付けます。
楽しみですね♪

2階のパウダールームには、優しい花柄の描かれたイギリス製洗面台、壁には英国製の壁紙を使用し、優雅な空間になると思います。

主寝室と二つの寝室は、ドライウォール仕上げの壁に、それぞれピーチ・ラベンダー・セージグリーン色の塗装を施します。

構造 2x4工法
外壁:90mmの高性能断熱材。
屋根:180mmの高性能断熱材。
外壁 イングリッシュブリック イギリス製レンガ
装飾ブリック チューダーローズ柄の装飾レンガ
石灰系塗り壁 オフホワイト色の石灰系塗壁
玄関ドア ステンドグラスドア イギリスドア職人が作るエドワーディアン
スタイルのステンドグラス入りドア
ドア
ハンドル
レバーハンドル イギリス製ブラスレバーハンドル
イングリッシュオーク
フローリング
厚さ20mm、幅140mmのイギリス製
オークフローリング
パインフローリング 厚さ18mm、幅128mmのパインフローリング
ヴィクトリアン
フロアタイル
赤、黒、白、ブルーのタイルを使用した
模様貼り
AEP(ペンキ仕上げ) マットで優しい質感の塗装仕上げ。
お好みのお色で美しく仕上げます。
英国製壁紙 英国王室御用達サンダーソン社の壁紙。
階段 階段床 イギリス製カーペット
手摺り イギリス製ステアチューブ(金色の棒手摺り)
パウダー
ルーム
英国製洗面台 花柄入りのペデスタルシンク
キッチン イングリッシュ
キッチン
イギリスのキャビネット職人が作る
木製キッチン
カウンター オークカウンター イギリス製厚さ40mmのオークカウンター
タイル キッチンタイル ブルーと白のイングリッシュデルフトタイル
装飾材 モールディング シーリングメダリオン、廻り縁、額縁、
フレットワークなどなど
バスルーム 英国製バスタブ イギリス製ロールトップバス
その他 英国製小物など 随時ご紹介致します。お楽しみに♪

M様のコメント
「本設計のこだわり」

外観に関しては、とにかく窓枠を太く大きくがっしりとしたものにしたかったのが一番です。
それによって家のバランスがどっしりとしたものになるという感覚がありました。
今回、とても可愛らしいデザインながらも非常に重量感がある印象を受けるのも、その効果が出ているのではと思います。
室内に関しても、とにかくモールディングなどの装飾を多く取り入れ、華やかな印象にしたかったのが一番です。

今回ぜひ見ていただきたいポイントをいくつかご紹介します。

<外観>
・本当に可愛らしいデザイン
・中央に配置された玄関とその左右の張り出しのボリューム感
・太く大きな窓枠
・庇のところの装飾とステンドグラスの玄関ドア
・ヴィクトリアンフロアタイル

<玄関ホール>
・大理石の床
・ステンドグラス入りの壁
・フレットワークの開口部

<リビング・ダイニング>
・パネルシャッターと窓枠、その下の収納付きベンチ
・ベンチ付きマントルフェンダー

<キッチン>
・アイランド部分の設置
・キャビネット上部の装飾
・タイル

<バスルーム>
・大理石の床
・ウォッシュスタンド
・シャワーブース
・猫足のバスタブ

<階段>
・英国製絨毯
・金色の手摺り

ほとんどの部屋がペンキ塗りの壁のため、その配色にもこだわりました。
また、照明器具に関しても、とても素敵なものを選ばせて頂き、
それぞれの場所が本当に華やかな印象になると思っています。

沢山のこだわりをお伝え下さったMから直々に戴いた見所ご紹介です!
長年温められた素敵な夢の一つ一つが盛り込まれたお家です。
仕上がりはもちろん、建物が完成してMに喜んで戴ける日が、私たちも待ち遠しいです♪
BACK NEXT

コッツワールドの設計にご興味のある方は
「デザイン・設計」のページを御覧下さい。

有限会社コッツワールド
154-0001 東京都世田谷区池尻2-7-10 1F
TEL: 03-5433-9292 FAX: 03-5433-9293

E
-mail:
sales@cotsworld.com

TOP PAGE